手の多汗症

私は手の多汗症でずっと悩んでいました。
中学生くらいの頃には自分の手は人よりも汗が多いというのは自覚していて、人に振れたりするのが嫌でしたね。

 

好きな人ができても中々手をつなぐことができず・・・。
緊張しているとなおさら汗でべとべとになりますから、もし嫌われたらとか気持ち悪いと思われたらと思うと手がつなげないんですよね。

 

社会人になってからも仕事で握手をする機会なんかがあるとかなり気になりますし、人と共用のものを使うときなんかべとべとにならないように気を付けています。

 

髪とかを長時間持つのも危険ですね。
湿ってしまうので・・・。

 

というように結構日常生活でも色々問題があって何とか治したいとずっと思っていたわけです。
んで治療法を色々調べてみたところ、有効そうなものがいくつかありました。

 

まず一つは手術です。
EST手術だったかな、汗をだし神経を切ってしまう?というような方法です。

 

もう一つはボトックス注射。
汗を出す神経を麻痺させる菌?を注射して長期間汗を止めるというもの。

 

最後は体質改善法。
汗を出している交感神経の乱れを整えて汗を止めるというもの。

 

さぁ、どれがいいかと考えたのですが、まず手術は結構費用も掛かりますし場所によっては入院が必要だったりするみたいでちょっと敷居が高いです。

 

しかも副作用が出ることもあるようでコレが中々大変そうなので避けたいですね。

 

次にボトックスですがこれも費用が結構掛かるんです。
しかも半年ごと何度もする必要があるので、2,3年単位でみれば一番お金がかかりそうです。

 

その代り副作用などもあまりなく、注射するだけなので割と手軽にできるという利点はありますが費用が・・・。

 

最後の体質改善法ですが、これが私の中で最有力候補です。
というのもデメリットがないんですよね。

 

費用は安い、自宅で手軽にできる、即効性もある、その上副作用なども全くないということですから文句がありません。

 

多汗症の原因になっているのが交感神経の乱れのようなんですが、これを整えることで手から出る大量の汗を止めてしまうという治療法で、最近はデメリットの少なさ、メリットの多さからこの方法で多汗症を治すという人がかなり多いみたいです。

 

詳しいことはこちらのサイトにも書かれていて、手の多汗症の治療法についても記載があるので確認してみてください。

 

 多汗症治療に関して

 

多汗症の中でも手に汗をかくという方は脇もそうなのですがかなり多いみたいで、上記サイトでも手専門の多汗症治療法に関しても記述がありますね。

 

私も色々考えた結果この体質改善法を試してみることにしました。
評判も良いですしね。

 

結果から言うとこの選択が大正解でしたね。
というのも、上記サイトで紹介されている方法試してから少し時間はかかりましたが、今では全くと言っていいほど手汗を気にすることはなくなりました。

 

全く汗がでないんです。
自分でも驚くほど効果があって驚いてしまいます。

 

手は普段の生活で一番良く使う部分ですし物や人にも触れることの多い部分なので、そこが汗でべとべとになるというのは結構つらいものがあります。

 

もし手の多汗症で悩んでいるのならこの治療法試してみたらよいと思います。